FC2ブログ

小田急と江ノ電の記録鉄のブログ

ようこそお越しくださいました。記事内の文章や画像の転載、転用は固くお断りいたします。

富士急に行った元小田急ABF車1900形・・・その2

昨日の続きになります。

⑥5233-1913

モハ5233(元小田急デハ1913)です。

⑦5263-1963

クハ5263(元小田急クハ1963)です。

⑧5263-1963-2

クハ5263(元小田急クハ1963)です。

⑨5265-1964

クハ5265(元小田急1964)です。これ、助手席側のワイパーが変わった位置に付いていたのが、クハだったか、デハだけだったのか思い出せませんでしたが、両側みたいですね。

⑩5235-1914

モハ5235(元小田急1914)です。助手席側のワイパーを外した跡がありました。

小田急時代の画像は、これから探してみます。




コメント

今だったら

こんにちは
 今は京王色の復活で盛り上がっている富士急ですが、このころに小田急復刻色があったらそれはそれで楽しそう。
 でも当時は今より堅かったでしょうし、難しかったのかもしれませんね。

  • 2020/10/25(日) 18:33:23 |
  • URL |
  • 朝霧高原 #-
  • [ 編集 ]

朝霧高原さま、こんばんは。

確かに富士急塗装を昔の小田急色にしようなんてとても考えられない時代でした。
ですけど、今だったらと考えてしまいますね。
そうなると、今あるRSEと371系も、いずれはなんて期待してしまいます(笑)。

雨どい付きは

小田急指令掛川さんおはようございます。

いろいろな画像から検討した結果、
雨どいが乗務員ドア前に付いたのは、5233F。雨どいが前面にかかるように付いたのは5235Fであることがわかりました。いずれも富士急に入線当時は無かったようですが、その後追加された様子なのは、埋め込み雨どいだと、凍結の時の処理に問題があったからではとも思いますが、それではなぜ全車に及ばなかったのかとか、自社発注車はいいのかとか、いろいろわかりませんね。

  • 2020/10/28(水) 07:09:24 |
  • URL |
  • すぎたま #y807OcCo
  • [ 編集 ]

すぎたま様、こんばんは。

雨樋の件、ご意見ありがとうございます。
凍結したら外からお湯を掛けるとか、ハンマーで叩くとか変なことを考えてしまいましたが、埋め込み式で何らかのトラブルがあったための対策だったのかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する