FC2ブログ

小田急と江ノ電の記録鉄のブログ

ようこそお越しくださいました。記事内の文章や画像の転載、転用は固くお断りいたします。

2013.-7.22大阪なんばでお好み焼き定食ランチ!

7/22に出張で大阪に行きました。行先は難波から南海でもう少し先だったのですが、昼からの訪問でしたので、昼前になんばで降りて乗り換えの際に風月に行きました。
 
噂の定食は味噌汁とご飯とサラダ付きで、更にモダンにしたので中華めんが入るという炭水化物のオンパレードでした。でも美味しかったなあ。夕方になってもお腹一杯が継続できました。
 

 
此処は全てお店の人が焼いてくれます。お姉さんが上手でした。相方の所にご飯とみそ汁が見えます。モダンだってこともお分かり頂けるかと思います。
 
また行きたいです。

2013.-4.20の会食(韓国料理)

ある用事で藤沢に行ったわけですが、その帰りにアルコール付のを会食しました。今回は韓国料理のお店で藤沢駅の南口にある『ヨンドン』というお店でした。掛川にも韓国家庭料理のお店があって最近数回行っていたので(飲み会ですけど)どの様な所か楽しみにしてました。
 
地下1階のお店は4人テーブルが5卓のみのこじんまりとした綺麗な所でした。予約しておかないとなかなか入れないようです。知っている人は知っている高級系でした。
 

 
やはり焼肉は定番ですよね。
 

 
これ、名前を忘れましたがキムチです。右側の白い丸いのは甘かったので栗かな?左の白いのは確実にニンニクです。美味しかったです。
 

 
最後に自分が頼んだのがヨンドン温麺です。辛さが3段階で普通・辛い・激辛だったので中間にしました。本当は激辛にしたかったのですが、シェアして分けることもあったので中間に。。。これお勧めです。口コミなどでも出ていました。
 

 
こちらは冷麺です。お酢を少しかけて食べるのですがコレも美味しかったです。
 
掛川の方は全くの家庭向けです。こちらに鉄でお出かけの際は夜の反省会に使いたいところです。
 

2013.-4.14(日)箱そば(本陣)

4/14(日)に所用にて東京に出向きました。その際に午前中は例によって自分の時間になったので、地下化区間の初乗りに行きました。その際に、新宿で箱そばに寄りました。
 

 
家で何も食べずに掛川06:58のこだまに乗ったので、新宿に到着してすぐにここに来ました。垂れ幕とその隣のお勧めが目につきましたが、以前やじたかさんがお食べになった『桜えびのかき揚げ』が気になってそれにしました。本当は好物のメンチカツの・・・も食べたかったのですが、蕎麦にメンチカツって??だったのでそちらは止めました。
 

 
思ったよりも桜えびの風味が利いていて美味しかったです。私の前の人も同じもの頼んでました。メニューの中では高額商品になりますけど、まあたまにしか来ませんからOKです。
 
それで、お腹も満たされて地下ホームから区間準急でまずは初乗りで梅ヶ丘に向かいました。

2013.-3.-2(土)名古屋の食べ物

名古屋には独特の食文化があると言われますが、グルメリポーターでも無いので先日あるTVでも放映されていて興味のあった『あんかけスパゲッティ』を丁度リニモ車両基地見学会の集合場所だった藤が丘で見つけて食べてきました。
 

 
お店はカウンターのみでチェーン店のようです。結構お客さんが来ていました。
 

 
これが名称ミラネーズ(麺1.5人前400g)です。味は可もなく不可もなくという感じでした。基本料金650円+100円です。ソース増量やトッピングなどの選択もあります。胡椒が効いて辛いという話もありましたが、辛いもの好きな私としては普通でした。麺に対してソースが少なかった感じさえしました。詳細はお店のHPをご覧ください。
 

 
こちらはオリーブという名称で750円(麺250g)。向こう側にちらりと見えているのがスペシャルという名で500円でした。
 
味噌カツ、手羽先、ひつまぶし、味噌煮込み、きしめん、台湾ラーメンなど経験済みでしたがコレって私にはお初でした。一度試してみるのも良いかもしれません。

2013.-1.-5駅弁とSAでの食事

本日、早々と藤沢から帰宅しました。昼前に近くのスーパーで駅弁販売があると聞いてチラシを見たら、あの利久の牛タン丼駅弁が販売とあり早速購入しました。但し高かったので1個だけです。
 

 
このお弁当はひもを引いて弁当を温めるカラクリがあって若干湯気が出たりして周囲に匂いがまき散らされます。悪い匂いじゃありませんけど新幹線の中でコレをやるのは如何なものかと思ったりしました。ビール飲んでスルメとか崎陽軒のシュウマイ食べてればそんなこと忘れてしまっているのですが、周囲の皆さんは結構匂い感じますよね。他の方々への迷惑も考えて行動しましょう(自分に言ってます)。
 

 
温めが7~8分で終了してふたを開けると中身はこんな配置になっています。温めの機構がある関係で上げ底っぽくなっています。上に乗ってるのは牛タンにかけるタレです。
 

 
接写すると牛タンが好きな方ならば食べたいなあと思うのではないでしょうか?しかし、昨年仙台駅近くの利久であの肉厚な牛タン定食を食べてしまった私はとても物足りなさを感じてしまいました。あ--またあれ食べたい!
量的にはごはんも少なめで女性向かなと思いました。価格が1300円なので躊躇する人もいることでしょう。
 

 
そして、いきなり登場するのがこの地魚のミックスフライ定食880円なり、です(ちょっと、食べかけで失礼)。これは、東名下りの日本平SAの食堂で供されているもので、券売機で食券を購入したとたんにフライを揚げ始めて、おおよそ10分以内にはお呼びが掛かるものです。昨年、揚げたてを食べられるので美味しいなあと思ったため、今日も帰りに寄って食べました。からっと揚がっていて食べやすいです。私はお薦めします。
 
昨年の新東名開通時の一時期の戦略でやっているのかと思っていたのですが、昨年と同じ状態で出されて美味しかったので安心しました。
 
新東名と旧東名は良い意味で競っているんですね。利用者には嬉しいことです。他のメニューも今度挑戦してみましょう。
 
小田急&江ノ電の記録鉄のブログ???・・・・・えっ!  と言われないよう今後は鉄の話題に戻します(汗)。
 
☆利休⇒利久に訂正しました。
次のページ